LS3/5Aについて

BBCモニターLS3/5Aで聴こう

渡されたバトン〜三浦徳子から松本隆へ

f:id:whiteparasol:20210723195725p:plain

前回「ガラスの入江」と「潮騒」の関係についての勝手な憶測を書いてみたら、意外なほどご好評いただきましたので、いま持ってる同じようなネタを全部書いてしまうことにします。(こういう話題は以前から聖子ファンのBBSなどで幾度となく出ていたと思うので、全部が私のオリジナルの考えというわけでもないのです。)

根っからの運動音痴/運動嫌い/運動不足の私としては、何もこんな時期にやらなくてもいいと思う国際運動会ですが、やるらしいので、それに因んだタイトルを付けてみました。

 

1. 裸足の季節 ---> 白い貝のブローチ

www.uta-net.com

もぎたての青い風♪はいつしか♪白いブローチは似合わないわ秋風♪に変わり、♪誘われた映画は眩しすぎ♪♪思わずうつむいた♪ような♪目立たなくて地味な娘を変えた人はあなた♪なのに、♪二人ひとつのシルエット♪から♪離れるシルエット 暮れなずむ愛はさよなら♪なんて悲しいですね。

www.uta-net.com

 

2.  夏の扉 ---> 渚のバルコニー

www.uta-net.com

お恥ずかしい話ですが、♪砂の浮いた道路は夏に続いてる♪ というフレーズはたしか「夏の扉」だったよなと思って聴き始めたら最後まで出てこなくて焦ったことがあります。好きな女子の前でわざとおバカをやって見せるのが男子ですよね。ヴェールの向こう側からこちら側へ来て欲しいと女子の側から言って欲しいというシャイな男子の願望を聖子ちゃんに歌わせようという作戦が、ちゃんと引き継がれています。

www.uta-net.com

 

3. ナイーブ~傷つきやすい午後~ ---> レモネードの夏

www.uta-net.com

アルバム『Silhouette ~シルエット~ 』の地味曲。これはまず小田裕一郎の作曲が素晴らしい。歌詞の方はやや説明臭が気になるけど、一番と二番の時間を逆にしてあるのはナイスな技ですね。詩的で素敵な ♪ 木立の緑   二人の頬に今明暗を今つけてゆくのよ♪ (1981年5月)から白いカフェーから揺れる木洩れ陽を見たの♪(1982年5月)までには本当に1年かかってますよね。

www.uta-net.com

 <追記>

「ナイーブ~傷つきやすい午後~」は内容的には「レモネードの夏」ですが、字面で見ると「白いパラソル」がモロでした。

♪お願いよ 最後は本当のことを告げてよ♪ ---> ♪お願いよ 正直な気持ちだけ聞かせて♪

www.uta-net.com

 

4. スプーン一杯の朝 ---> 水色の朝

www.uta-net.com

これはそのまんま朝シリーズですね。 面白いのは若いときの方がアッハ〜ンお色気系で、後の方が清楚系になっていることです。この辺りは女性作者と男性作者の違いなのかしら。

www.uta-net.com

 

5. ウィンター・ガーデン ---> P・R・E・S・E・N・T

www.uta-net.com

 「ウィンター・ガーデン」はクリスマスのプレゼントだから12月、「P・R・E・S・E・N・T」は誕生日のプレゼントだから3月。彼も結構いそがしいっすネ。

www.uta-net.com

 

6. クールギャング ---> Party's Qeen

www.uta-net.com

どうして女って奴は、ちょいワルで遊び上手のイケメンが好きなんでしょうね?ってなんで私ひがみっぽいんでしょうね?

www.uta-net.com

 

 

<最後に苦言>

これは松本作品どうしのリレーですが、むしろ製品取扱説明書にでも似合いそうなパッサパサの作文が、香り高い「赤いスイートピー」の続編であるわけがありません。♪駅員に頼んで写真撮ってもらった♪というところで嘘がばれます。♪他に人影もなくて不意に気まずく♪なったのだから無人駅だったはず。"実は駅員のいた赤スイ"なんて、イヤだイヤすぎる〜!

www.uta-net.com

 

これには続きがあるのですが、今日はここまでにしておきましょう。4あたりから疲れてきて、手抜き感満載ですみません。次回で手持ちのネタ切れ、聖子トピックス第一期最終回になります。お楽しみに。

 

<追記>

gendai.ismedia.jp

上の記事を読んだら、もう松本隆の時代ではないことがよく分かりました。

 「口では相手のことを『嫌い』と言っているけど本当は好き、みたいな描写が、今は通じないんですよ」

 

 <追記2>

若松プロデューサーはご存知ないとおっしゃっていた「白い風は旅人」ですが、たしかに聖子ちゃんの声のように聴こえますね。

www.youtube.com

 

<追記3>

 次の対比を見れば、三浦徳子がデビュー曲「裸足の季節」に仕込んだキーワードが種となって、松本隆の世界でも様々な花を咲かせたことが分かります。松田聖子のイメージを確立したのは三浦徳子なのです。ともすれば松本隆だけがクローズアップされがちので、このことは強調しておきたいと思います。

白いヨットの影 ---> ディンギー白いパラソル

渚を ---> 「渚のバルコニー

すべり

入江に ---> 「ガラスの入江」

近づくの 

手を振るあなた ---> 気がついて手を振った「December Morning」

夢の中のこととわかっていても ---> 夢じゃないのさって「一千一秒物語

思い切りこたえる わたしです

エクボの

秘密 ---> 秘密の場所「ガラスの入江」

あげたいわ

もぎたて

青い ---> 青い夜ね「流星ナイト」

---> 答えは風の中ね「風立ちぬ

頬をそめて ---> 頬がバラ色にそまる「P・R・E・S・E・N・T」

今走り出す ---> 走り出した船は「チェリーブラッサム

わたし

二人ひとつの

シルエット ---> 離れるシルエット「白い貝のブローチ

 

さそわれた

映画は ---> 映画色の街「瞳はダイアモンド

眩しすぎたの ---> 眩しいねとささやいて「Romance」