LS3/5Aについて

BBCモニターLS3/5Aで聴こう

聴かずに買ったLS3/5Aはどんな音?

前回にも書いた通り、私はLS3/5Aを広告で知っていただけで実物を見たことすらありませんでした。音が命のスピーカーを試聴もせずに購入するというのは暴挙のようですが、実はオーディオ機器の満足度を決めるのは見た目であって、物理的な音響特性ではないのです。そうでなければ、ブラインドテストで1万円のアンプに負ける300万円のアンプの存在理由がありません。

宅配便で届いた品は傷も少なくて前オーナーが大切に使っていたことが分かるものでした。さっそくミニミニコンポのスピーカーをLS3/5Aに取り替えてCDをかけてみると、当然ながら立派な音がします。私はオーディオ詩人ではないので音質を花のような言葉で表現することはできないけれど、あえて言うなら地味(滋味)な音でしょうか。いつまでも聴いていられます。もしオーディオ店で他の製品と比較試聴していたら選ばなかったかもしれない、そういう音です。

f:id:whiteparasol:20210605212742j:plain

'95年製11オーム版バイワイヤリング仕様

 とはいえ、個人的には音響特性も気になるので、iPhoneアプリスペクトラムアナライザーで周波数応答特性を調べてみました。それぞれのスピーカーについて、ツイーターとウーファーの間の高さで前面グリルから20cmぐらいの位置にiPhoneを手でかざし、ピンクノイズを30秒間流して測定した結果を下に示します。二枚のグラフを重ねて表示したもので、赤はスピーカー右の大きい箇所、青はスピーカー左の大きい箇所、白っぽく見えるのが共通部分です。5kHz以上で右(赤)のレベルがやや高くなっていますが、これはiPhoneの位置決めがいい加減だったからかもしれません。その他の点では、製造から20年以上経っていることを考慮すればまあまあ一致していて、大きな異常は見られませんでした。

f:id:whiteparasol:20210606104713j:plain

二台の周波数特性の重ね合わせ(赤が右, 青が左)

 

ついでにミニミニコンポ付属のスピーカー(93mmウーファ+37mmツイータ)も測ってみました。バスレフなので130Hzぐらいから下は急降下しています。低域が無いのと中域の張り出しのせいなのか、ガチャガチャした感じがして長く聴くと疲れます。

f:id:whiteparasol:20210612092137p:plain

ミニミニコンポ付属スピーカー