LS3/5Aについて

BBCモニターLS3/5Aで聴こう

こんなに小さくても75,000円

f:id:whiteparasol:20210523103900j:plain

まだ私がモノラルのラジカセしか持っていなかったころに『レコード芸術』(1976年9月号)で目にしたこの広告。本や電話機と共に机上に置かれた高嶺(値)の花の古風な姿に一目惚れし、いつかこんな席に座りたいと思いました。

しかし就職して給料が入るようになると、やっぱりオーディオは低音だ30cm-3wayじゃなきゃダメだと宗旨替えしてダイヤトーンの大型ブックシェルフを買ったまでは良いけれど、これが悲しいくらいに低音が出ない。それもそのはず、原音再生(原音と同じ音量と音質)を目指して設計されたスピーカーを、近隣に遠慮した極小音量で鳴らしたところでまともな音が出るわけはありません。オーディオは機器よりも環境だと悟りました。

やがて所帯を持ち、狭い借家に家族が増え、場所をとるオーディオは処分というコースをたどって早くも25年が経過。空いた子供部屋のミニミニコンポで音楽を聴くようになり、そうするとだんだん物足りなくなってきます。スピーカーでも取り替えようかなとインターネットを覗いて出会ったのが忘れじの面影、LS3/5Aでした。

中古品価格が当時の価格とたいして変わらないので戸惑いましたが、それだけ人気があるならむしろ間違いないだろうと、写真でしか見たことがないまま落札。いわゆる大人買いというやつです。さて、どんな音がするのでしょうか。