LS3/5Aについて

BBCモニターLS3/5Aで聴こう

二拍三連 Seiko Songs

二拍三連* のSeiko Song というと、聖子ファンなら「Only My Love」、一般には「Sweet Memories」を思い浮かべるのではないでしょうか。ざっと調べた限りでは、40年で11曲見つかりました。(見落としが会ったらすみません、コメント欄で教えてください。) *…

アンドロイドはステレオ録音の夢を見るか?

現在の音楽録音の多くは2チャンネル・ステレオ方式です。左右に間隔をあけて並べた二つのスピーカーからそれぞれ音が出ているのですが、なぜか二つのスピーカーの間の空間から音が出ているように聴こえます。これが耳(脳)の錯覚であることは簡単に確かめ…

微小ネタ: パイナップルアイランドは9月に続いてる

前回の「花時計咲いた」のイントロはアレンジャーの思い付きだと思いますが、もうひとつ、こちらはスタジオミュージシャンのちょっとした気まぐれでしょう。 「パイナップルアイランド」の最後、フェードアウトの直前に、EW&Fの1987年の大ヒット「September…

遠い海を越えて行く

いきなり楽典で恐縮ですが、下に示すような五度圏の図を(遥か昔に)音楽の教科書でご覧になったかもしれません。一番上がC Major(ハ長調)で、右隣のG Major(ト長調)と左隣のF Major(ヘ長調)とは仲が良い、つまり転調先としてよく使われます。 逆にC M…

Q&A: LS3/5Aはそんなに音が良いのか?

最近は音楽ネタばかり書いていますが、ブログのタイトルにLS3/5Aを謳っている以上、そっち方面も書こうかと思ってYahoo検索したら、次のQ&Aが目に止まりました。 BBCモニター系スピーカーLS3/5Aそんなに音いいんですか?オー... - Yahoo!知恵袋 質問は次のと…

ブラームスはお好き!

LS3/5Aは決して聖子明菜専用というわけではなく、例えばブラームスだって聴きます。ブラームスの四つの交響曲のうち、クラシックファンに人気が高いのは第1交響曲。一般に有名なのは小説『ブラームスはお好き?』の映画化に第3楽章が使われた第3交響曲か…

お使いは自転車に乗って聴いてみよう

最近YouTubeにUPされたこの歌、私は初めて聴きました。(LULLABY '80sさん、ありがとうございます。) youtu.be 一度しか歌わない歌の練習にはほとんど時間をかけなかったはずですが、それでもすっかり聖子節(ぶし)になっているのがさすがです。具体的に一…

三曲で物語

ナツメロをいろいろと聴いているうちに、この3曲を並べると歌詞の内容がうまく繋がって超短編小説になることに気が付きました。 1. 都会での別れ(彼の心境)伊勢正三 君と歩いた青春 歌詞 - 歌ネット youtu.be 2. 都会での別れ(彼女の心境)松田聖子 Rock…

アヴァンギャルド聖子ちゃん

松田聖子は、今でこそ歌がうまいと言われていますが、当時の大人たちからはオンチ扱いされていました。まあ、うちの親などはテレビにアイドルが映るたびにそう言ってましたが。 歌謡界の大御所、淡谷のり子大先生からは”ニワトリが絞められたような声”という…

カルロス・クライバーと松田聖子

むかし、夏休みに友人たちと旅行に行ったときの話。待ち合わせの旅館に私だけ早く到着して暇つぶしにテレビをつけたら、ちょうどベートーヴェンの第7交響曲をやっていました。そして小さなテレビのスピーカーから流れ出る音楽が、私の今まで知っていた第7番…

筒美京平の本歌取り

筒美京平という名前を知らなくても、その作品を耳にしたことのない日本人はいないと言えるくらい、歌謡曲の作曲家と言えばまず筒美京平という時代がありました。そして、どの曲にも元ネタがあると言われていました。YouTubeにこんな動画があるくらい。→ 筒美…

中古のLS3/5Aはどのくらい劣化しているのか?

BBCのR&D部門においてLS3/5Aの開発の主導者だったダドリー・ハーウッドがBBCを退職後1977年に創業したハーベス社は、1980年代後半にアラン・ショウに引き継がれ、現在でも英国内にある自社工場でスピーカーシステムを生産していることは、オーディオファンな…

ライバルを聴け!〜明菜のアルバム3枚〜

いつも同じ文体で書くと飽きるので、たまには”ですます調”をやめてみようか。今回はハードボイルドだど! 松田聖子のアルバム3枚なら『Pinapple』『ユートピア』『風立ちぬ』か、あるいはそのうちの一枚を『SQUALL』と入れ替えるという選択で、大方の同意は…

しゃくりじゃなくてしゃっくり

NHK教育テレビ『おかあさんといっしょ』の歌のおねえさん、はいだしょうこ画伯の「チェリーブラッサム」がYouTubeにUPされていました。 www.youtube.com 最初のライトの点滅や歌い始める前のお辞儀もちゃんとカバーしていて好感度高し。→参考: 【HD】 松田…

幸せな歌の継承者

歌謡曲に詳しい訳ではないけれど、聖子ソングの持つ幸福感を平成につないだアーティストといえば、楽曲とボーカルの質の高さの点で、いきものがかりを挙げたいと思います。 1. 夏空グラフィティ www.youtube.com ♪タイムマシンの針を壊して永遠の夏を手に入…

ASRメンバーによるスピーカーのブラインドテストの結果について考えてみた

筋金入りのオーディオ客観主義者たちが集まるサイト、オーディオ・サイエンス・レビュー(ASR)フォーラムをご存知でしょうか。音は物理現象に過ぎないのだからオーディオ装置は測定データで評価すべきだという理念に基づいて、リッチな主催者Amirはプロ用評価…

ノリのいい話

YouTubeやニコ動にUPしていただいているたくさんの動画を拝見しているうちに、当時のテレビ放送では分からなかった微妙な違いに気付くことがあります。例えば次の3本の「白いパラソル」。 1本目は、通称”鳩パラ” youtu.be 2本目は珍しいピンクのワンピー…

夏の扉(作詞:松本隆)

「夏の扉」といえば、もちろんコレですよね。♪夏の扉を開けて〜 www.youtube.com (Y TAKAHIROさん、レアな猫パンチありがとうございます!) でも三浦徳子作詞です。 松本隆作詞はこちら↓ www.uta-net.com なんと、夏の扉が閉まるという内容です。後日譚が…

飾りじゃないのよ涙はアンサーソング?

家人の録り溜めた録画の中に中森明菜カバー集という番組があって、その中の「飾りじゃないのよ涙は」を聴いているうちに、当時からこの歌は「瞳はダイアモンド」へのアンサーソングに違いないと囁かれていたことを思い出しました。 具体的には二番の ♪かがや…

LS3/5AとiLoud Micro Monitorの過渡特性の比較(単発サイン波による)

youtu.be 上の動画は前回の記事「LS3/5Aの言い分」でお聴きいただいたLS3/5AとiLoud Micro Monitorによる男声再生で、原録音と比べると両者ともに余計な響きが付加されていることが分かりますが、iLoud Micro Monitorの方が響きが大きいようです。 それを確…

聖子ソングを勝手にリアレンジ

またまた衝撃的なレア音源、伝説の「ボサノバ・マーメイド」ではありませんか! UP主の薔薇の鎖さん、ありがとうございます。 アレンジも演奏も素晴らしくて、聖子ちゃんも気分良く歌ってますね。最高です。 www.youtube.com こんなにうまく行くなら他の曲も…

LS3/5Aの言い分

以前の記事『40年間でスピーカーはどれくらい進歩したか?』の最後に、「iLoud Micro Monitorの前ではラジカセに間違えられかねない骨董品LS3/5Aが、45年もの長きに亘って熱狂的なファンを獲得してきた理由も、少し分かったような気がする」と書きました。 …

夏はレモネード気分のスニーカーで

今回は超短編です。 まずは、聖子ファンならみんな大好き「レモネードの夏」をお聴きください。 www.youtube.com いや〜爽やか。歌声だけでで室温が5℃下りました。 ♫樹にもたれた貸し自転車 コテージから光を縫って来た〜♫ 自転車が勝手に走って来たという、…

《号外》あの日、時計をチラっと見た場所!

https://seaside-station.com/station/kamakurakokomae/ 7月24日に「 あの日、時計をチラっと見た場所 」というタイトルで「赤いスイートピー」にまつわる愚考をブログネタにしたところ、何と8月1日のテレビ朝日「関ジャム完全燃SHOW」で松本隆ご本人の解題…

聖子ちゃんのたたとてて

聖子ファンなら次の曲たちをよくご存知と思いますが、さてこれらの共通点は何でしょうか? 『SQUALL』〜「九月の夕暮れ」 『North Wind』〜「Only My Love」「ウィンター・ガーデン」「白い貝のブローチ」「あ・な・たの手紙」 『風立ちぬ』〜「冬の妖精」「…

40年間でスピーカーはどれくらい進歩したか?

LS3/5A(Rogers社)の日本デビューが1976年、奇しくもちょうど40年後の2016年に発売されたiLoud Micro Monitor(IK Multimedia社)をご存知でしょうか。 製品サイト:https://www.ikmultimedia.com/products/iloudmm/?pkey=iloud-micro-monitor アンプ内蔵型…

誤解のもと

最近は少なくなっていますが、いまだに誤解を招く記述がなされていることがあるかもしれません。 <その1> LS3/5Aはスタジオモニターである。 確かに、この背面ラベルをパッと見るとそのように思うかもしれませんが、どこにも「スタジオ」の表記はありませ…

あの日、時計をチラっと見た場所

夏空にこんな雲が浮かんでいたので、慌てて撮影しました。翼の生えたブーツ↑ 前回、「続・赤いスイートピー」は何か違うんじゃないかというお話で終わりました。 www.uta-net.com なぜそんな風に思うかというと、私は知っているからです。「新・赤いスイート…

渡されたバトン〜三浦徳子から松本隆へ

前回「ガラスの入江」と「潮騒」の関係についての勝手な憶測を書いてみたら、意外なほどご好評いただきましたので、いま持ってる同じようなネタを全部書いてしまうことにします。(こういう話題は以前から聖子ファンのBBSなどで幾度となく出ていたと思うので…

聖子ファンのためのLS3/5A入門

せっかく聖子ファンの皆様にお越しいただいているので、ブログタイトルにもなっている小型スピーカーL3/5Aのことをちょっとだけご紹介しておきます。 1. デビューから46年経っても熱心なファンがいる 大きな棚に収納された19組38台のLS3/5Aです。世界一のコ…